自転車に乗じるならどうしても身につけてくれ技量、それはパンクアジャスト

通勤や通学で自転車に乗るパーソンが増えたいま、趣味としてロードバイクにのぼり始めたという方もいるのではないでしょうか。但し遠出をしている途中でパンクを通じてしまい、なかなかならずに困り果てて仕舞うについては避けたいものです。 そこで身につけていたいパワーが「パンク補修」だ。 難しいと思っている方もいると思いますが、2?3回も実践すれば誰でも簡単にできるようになる製品だったりします。 本当に補修!といっても必要な道具がなければ何もできません。 そこでミニマム揃えていたい製品がこちす。 ・スペアチューブ ・インスタントパッチ ・タイヤレバー(2書籍) ・携帯空気ポンプ これさえ持っておけばとにかく安心でしょう。 スペアチューブは破損したチューブをそっくり交換する結果、インスタントパッチは簡易的に盲点を塞ぐために使います。実際インスタントパッチはそれだけ長く効果は続かいないので、行き当りばったりとして考えて帰省後にチューブコミュニケーションをするようにしましょう。 タイヤレバーはリムからタイヤを外す拍子・はめ込む場合使います。手立てだけでもできないことはないのですが、オペレーション足つきは格段に早くなりますし何よりも楽です。 そうしていかほどチューブをコミュニケーション・修理してもエアを入れないという意味が無いので、携帯空気ポンプは絶対に忘れないでください。 私も何とか遠出をした場合パンクで困難思いの丈をしたことがあり、そしたらは自転車に乗る時はこれらを持ち歩くようにしました。これまで何度かパンクを経験してますが、アッという間に対処できるようになったので遠距離も気苦労が無くなりました。 パンク補修ができるようになれば自分だけではなく身内や周囲ものの時も安心なので、是非ともこういうテクノロジーは身に付けておいてくださいね。アイキララはくま対策にお勧め